性感染は未然に察知することが一番大事

アクセスカウンタ

zoom RSS 症状を感じられないほど感度が低い

<<   作成日時 : 2018/06/06 14:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

性病と言うと、あまり良いイメージが無く、場合によっては恥ずかしいというところからなかなか病院へ行かない人もいるようです。

民間療法などを検索して試すヒトもいるようですが、確実性があるわけではないのであまりオススメは出来ません。

やはり、いち早い病院の受診と治療を開始させることが大切なのです。

例えばクラミジアについて。
性器クラミジア感染症は、潜伏期間というものがあります。
だいたいが1〜3週間前後と言われているのです。

その中でも特に怖いのが症状が無い場合が多いという事です。
男性の約50%〜60%・女性に至っては約80%が無症状なのです。
ですから、少しでもおかしいなと思ったときには感染が始まっていますので早めに受診をするようにしましょう。

性行為ですとかオーラルセックスで第三者に感染させてしまうこともありますし、感染していると、HIV(エイズウイルス)への感染が3〜5倍とも言われていますので、あまり軽視しすぎずに受診するようにしましょう。

泌尿器科や産婦人科へ行くと検査などをしてくれます。

また、検査キットなどの通信販売などもありますので、定期的にチェックをして安全を確保しておくという意識をもつのもまた良いかもしれませんね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
症状を感じられないほど感度が低い 性感染は未然に察知することが一番大事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる